株式会社北海道CIC研究所

CIC

半導体デバイス・メディカル・バイオ等各分野の技術向上に伴い、サブミクロンレベルのコンタミネーションコントロールが要求されるようになりました。弊社では「クラス100※」のクリーンルームを保有し、ユーザー様クリーンルーム維持管理に最適なクリーニングウェアの洗浄・防塵をご提案いたします。 ※「クラス100」とは0.5μm以上の粒子が1ft3あたり、100個以下の空間です。  通常の空間が50万~200万/ft3といわれていますので、高い清浄度をご理解いただけるかと思います。

「クラス100」クリーンルーム入口のエアシャワールーム

超純水で行う洗浄

クリーンルーム内のタンブラー乾燥機と洗浄機

前処理、一次洗浄の後、超純水によるリンシングを行います。 これらのウェアは、半導体・医薬品・食品等の各製造工場にあるクリーンルーム内で着用されているウェアです。クリーンルーム内で「超純水」を用いた洗浄は、北海道では唯一の特殊技術です。 ※「超純水」とは、イオンレベルで不純物を除去した高純度精製水です。
 弊社では比抵抗値16MΩ以上を基準として使用しています。

品質管理の行き届いた洗浄工程

ダウンフロー方式のクリーンテーブル上での
たたみ・包装作業

検査・包装は「クラス100」のクリーンルーム内で行います。

ノウハウを生かしたオプションサービス

お客様のニーズに合わせて、様々なサービスをご提供しております。
クリーンウェアの洗浄管理を明確にするために、「ICタグシステム」を導入しています。「ICタグ」を洗浄品に取り付けて管理することにより、個体別の洗浄履歴(洗浄・修理回数)のデータ提示が出来ます。それにより、クリーンウェアの繊維の疲労度や有効活用度が明確になります。 また、洗浄品の包装形態は単体のクリーンパックのほか、セット包装やオートクレーブ滅菌専用包装にも対応しております。

ICタグ
ICタグシステム
パッキングされた依頼品
タンブリング測定器

タンブリング式無塵衣発塵試験機は、ルーム内での作業者が着用するクリーンルーム用無塵衣の発塵性を評価する装置で、JIS規格(B-9923-1986)に対応して開発された試験機です。ウェア素材の劣化度合を把握する事は、クリーンルーム内の清浄度向上に大きく貢献します。定期的に発塵試験を行う事で、より高度なコンタミネーションコントロールが可能となります。  また、「ICタグシステム」を併用する事で、着用期間や洗浄履歴との関連付けも可能となりますので、よりレベルの高いウェア管理が可能となります。

「テスト洗浄」にも対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせ下さい。