株式会社北海道CIC研究所

産業廃棄物収集運搬

私たちは経済活動を支えながら、地球環境の保全を目指します―。「廃棄物」の適切な処理なくして、社会との共存共栄がありえない時代、弊社では、感染性廃棄物や各種廃液を始めとした、「特別管理産業廃棄物」及び「産業廃棄物」の収集運搬業務を、安全・確実・迅速をモットーに行っております。

廃棄物とは?

「産業廃棄物」は、事業活動に伴って生じた廃棄物のうち「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」で定められている「廃棄物」を指し、「一般廃棄物」は「産業廃棄物」以外の「廃棄物」を指します。

産業廃棄物の流れ

廃棄物の分類

産業廃棄物

「産業廃棄物」とは、事業活動に伴って発生した廃棄物のうち、法で規定されている廃棄物をいいます。私達が普段気付かない所から、様々な産業廃棄物が発生しており、日常生活を営む上でも非常に密接な関係にあります。
※法:「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」

種類具  体  例
燃え殻石炭がら、焼却灰、炉清掃排出物等
汚泥有機汚泥(下水道汚泥、排水処理汚泥、ビルピット汚泥)、無機汚泥(研磨汚泥、砂利洗浄汚泥、洗浄汚泥)
廃油鉱物性油、動植物油、廃溶剤、固形油等
廃酸無機廃酸(硫酸、塩酸等)、有機廃酸(酢酸等)、写真漂白廃液等
廃アルカリ写真現像廃液、廃ソーダ液等
廃プラスチック類合成繊維・合成樹脂くず、FRP、合成ゴム、廃タイヤ、塗料かす、発泡スチロール等
ゴムくず生ゴム、天然ゴムくず(合成ゴムくずは廃プラスチック類)
金属くず鉄くず、ブリキ、トタンくず、半田かす等
ガラスくず、コンクリートくず
及び陶磁器くず
ガラスくず、製造過程等で生じるコンクリートブロック、陶磁器くず等
ばいじん大気汚染防止法に定める施設から発生し、集じん施設によって集められたものに限る
紙くず建設業に係るもの(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたものに限る)、パルプ製造業、製紙業、紙加工品製造業、新聞業、出版業、製本業、印刷物加工業から生ずる紙くず
木くず建設業に係るもの(範囲は紙くずと同じ)、木材または木製品製造業(家具製品製造業)、パルプ製造業、輸入木材の卸売業および物品賃貸業から生ずる木材片、おがくず、バーク類等貨物の流通のために使用したパレット等
繊維くず建設業に係るもの(範囲は紙くずと同じ)、衣服その他繊維製品製造業以外の繊維工業から生ずる木綿くず、羊毛くず等の天然繊維くず
動植物性残さ食料品、医薬品、香料製造業において原料として使用した動物又は植物に係わる固形状の不要物

特別管理産業廃棄物

当社は、医療機関などから発生する感染性廃棄物の収集・運搬から焼却までを、信頼ある処理施設と提携した独自の処理システムで一貫して行っております。専用処理器・専用車・最新の焼却設備を使い、徹底した責任体制のもと、廃棄物を安全・確実・迅速に処理いたします。

  • 専用の収集容器に捨てるだけ。後はすべてお任せください。
  • 収集運搬専用車で安全確実に運搬いたします。
  • 厳しい基準をクリアした設備で焼却を行い、残さ物は最終処分場にて埋め立て処理されます。

「特別管理産業廃棄物」

産業廃棄物のうち、爆発性・毒性・感染性など、人の健康または生活環境に係る被害を及ぼす恐れがある性状を有するものをいいます。

「感染性廃棄物」

医療機関、試験研究機関等から医療行為、研究活動に伴って発生し、人に感染症を生じさせる恐れがある病原微生物が含まれる、もしくは付着している廃棄物、またはこれらの恐れのある廃棄物をいいます。

「特別管理産業廃棄物」の種類と具体例

種類具  体  例
廃油揮発油類、灯油類、軽油類
廃酸pH2.0以下の酸性廃液
廃アルカリpH12.5以上のアルカリ性廃液
感染性産業廃棄物感染性病原体を含むか、その恐れのある産棄廃棄物(血液の付着した注射針、採血管等)
特定有害産業廃棄物・有害産業廃棄物(水銀又はその化合物、カドミウムまたはその化合物、鉛又はその化合物、有機隣化合物、六価クロム化合物、砒素又はその化合物、シアン化合物、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン)